スポンサーサイト

2017.03.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

非正規は本当に将来性が無いので辞めた方が良い。

2017.03.03 Friday



私は20代の頃に派遣から工場の仕事をしていました。
工場はコンビニのアルバイトなどに比べると時給が高いことが魅力で、12時間勤務の場合だと月収で30万円近く稼げることもあります。
工場の仕事は肉体労働という過酷なイメージとは裏腹に設備がしっかりとしている職場は意外と快適です。

収入に波があるとは言え、派遣生活は悪くはありませんでした。
毎日、工場へ出かけて仕事をして帰宅する、この生活を繰り返している中で虚無感を感じることは多かったです。
その理由はどれだけ優秀な人材になったとしても、派遣には将来が無かったからです。

やはり、正直なところは一緒に働いている正社員が羨ましく思えました。
派遣はあくまでも派遣である、契約期間がすべてであり、契約が終われば今の職場の実績は無になるわけです。
私は2年ほど派遣生活をしましたが、最後の方は本当に仕事を辞めたいと思いました。

正規と非正規、この差はかなり大きいと思います。
アルバイトがてらにちょっとした金額を稼げれば良いというなら、派遣を含めて非正規はありですが、結婚を含めて将来を考えると非正規は不安が募るばかりで辞めたいです。
早くに正社員として働ける職場を見つけること、これは人生の教訓だと思います。

30代中盤の男性です。Webライターの仕事で暮らしています。

2017.01.28 Saturday



30代中盤の男性、Webライターです。
ライターということで在宅自由業であり、平日は作業時間以外暇しています。
最近、非常に寒いので睡眠が捗りますね(笑)

ここ一週間、一日平均15時間寝ていたり…自由業の特権ですね。
私は30代の男なので本来はもっと正社員やフルタイムの仕事をして、結婚や子育てをして大黒柱になるべきなのかもしれませんが、思い切りモラトリアムしちゃっています。
地元の友人とほんの数日前に電話でお話しして、その友達は同年代の男性で既婚子持ち、工事関係の大手の仕事をしているのですが、年度末に差し掛かり非常に忙しいそうです。

Facebookで大学時代のゼミの同期などの写真を時々見ますが、本格的に加齢に差し掛かる時期で、シワとかが目立ち始めていたり…。
私の顔はシワ一つないのです。
これも日々の負荷の違いが出ているんでしょう。

さて今日は色々用があり、地元の駅周辺で用事を消化してきました。
まずみずほ銀行でお金を下ろします。
手持ちの現金がちょっと心もとないので出金。
年末年始、忘年会、クリスマス、冬コミと遊びまくったうえに、先週秋葉原でイベントがあり盛大に出費してしまい、しばらくはおとなしくしている日々が続きそうです。

次に髪を切りにいきます。
なぜか坊ちゃんカットにされました。
だけど1000円の格安店なのでいたしかたなし。

次にアレルギーの薬をもらいに皮膚科へ。
病院が改装されているので写メを撮ってFacebookの地元のコミュニティに投稿してみました。
いいね!が5個付きました。

肉が恋しかったのでケンタッキーでチキンを食べて帰宅し、昼寝。
ん〜何とも怠惰な(笑)
しばらく地元でのんびり暮らすということで、空き時間にライター仕事をもっとやっていって稼ごうと思います!

こんなに不便な美術館は見たことが無い!すみだ北斎美術館。

2017.01.20 Friday



年明けにずっと行きたかったすみだ北斎美術館に行ってきました。
今までは日本画なんてほとんど興味がなかったのだけれど年齢でしょうか?
最近北斎の絵に妙に魅かれてしまい居ても立っても居られなくなってオープンして間もないすみだ北斎美術館を平日に訪れました。

まず入り口に入ってすぐ唖然としました。
エレベーターに乗るための長い長い行列です。
常設展・特別展ともに4階から見るようになっているのですが、移動手段がエレベーターしかないのです。

しかも10人くらい乗れば満員になってしまうような小さいエレベーターが2基だけです。
仕方ないからまずおトイレにでも行こうかと思ったらここでも唖然です。
一階のお手洗いの前にも女性の長い長い行列です。

それもそのはずおトイレは男女一個づつしかないのです。
それも掃除用具入れのように狭いトイレです。
車いすの人用のトイレは一階にはありませんでした。
お手洗いに並んでいたおばさま方も同様に思っていたらしく皆さん「こんな不便な美術館初めてだわ!」と憤慨していらっしゃいました。

北斎の作品は本当に素晴らしくて満喫できたのですが、帰りも3階から1階に降りるのにエレベーターしか移動手段がないのでまた長蛇の列に並ばなくてはなりませんでした。
地震などの非常時にはパニックになりますよね。
非常階段はあるそうです。
4階なら健康な人はその階段を使うので、エレベーターは足の不自由な方や車いすの方が優先的に使えるようにするべきではないでしょうか?
北斎の絵の感動も怒りで吹き飛んでしまいました。

また3階と4階の移動は館内の階段を利用します。
(エレベーターは満員で乗れないため)

でも40代の私でもちょっと怖いと思うような、急な角度の螺旋階段2周です。
杖をついたお年寄りの方が付き添いの人と一緒に下り階段で立往生していました。

墨田区の方は誰をターゲットにどんな構想でこの美術館を建てたのでしょうか?
これからここを訪れる方は美術館というよりは区の展示室レベルだと思って覚悟をして来られると良いと思います。
大好きな北斎の絵がこんな残念な美術館に展示されているかと思うと本当に残念でなりません。
もっと良い環境で世界の人々に見てもらいたかったです。

昔と今、仕事に対する意識の違い。今のやり方が本当に正しい?

2017.01.10 Tuesday



最近つくづく仕事をしていて、全体の仕事に対する意識レベルが違ってきているのを実感します。
昔は基本的には上司の言うと事は絶対でした。
上司が帰るまでは帰れなかったり、飲み会も必ず参加。残業も当たり前だし、サービス残業でも文句を言う人も少なかったです。
仕事自体もかなり意識付けされていました。

もちろん、それが全部正解だとは思ってるわけではありません。
仕事をした分はお金が支払われ、無駄な残業はしない方が良いです。

ただ、個人的に会社が終わった後にまで上司の誘いに付き合う必要はないと思いますが、歓送迎会とかにも毎回出ない人がとても多いのはどうなのかと思ってしまいます。
もちろん用事があっても出なさいと言ってるわけではありません。
ただ、一緒にやってきた仲間が辞めるのに『時間外だから関係ない』と言う考え方は寂しすぎる気がします。

また、休みも忙しい時期とかも全然気にしなかったり、突発も平気な人が増えてきました。
しかも、翌日出勤しても一言もありません。
言い方を変えればコミュニケーション能力でしょうか。
わかるところもありますが、あまりにも割りきり過ぎのような気がします。

それは、仕事もそうです。
何か言われても、その場しのぎの言い訳しかしません。
また、わからない事をわからないと言えないで、つくろってしまう人がとても多いです。
自分なりに調べる事、考える事もとても大切ですが、それはある程度基本がわかってないとできません。
わからない事が恥ずかしいのでしょうか?

もしかしたら古いと思われるかもしれませんが、ただ楽しいのと、仕事の楽しさは違うと思います。
現在の考え方も生かしながら、もう少し見直してみてもいいのではと思います。

花粉症対策に効果のある食べ物

2016.12.19 Monday



花粉症対策をしっかりやっていれば、花粉の時期でも快適に過ごす事が可能になってきます。
特に重要なのが、食事・食生活を改善する事でもなります。
例えば、毎日花粉症対策になるようなお茶を飲んだりです。
他にもレンコンを食べたり、一日一個の梅干しを食べたりする事でも、体調は変わってきます。

梅干しというのは特に、花粉症対策になる以外にも、健康や美容面にとっても良い効能を発揮してくれる食べ物ですので、毎日梅干しを一個食べ続けているという方は強いです。
梅干しのクエン酸には、殺菌効果がある上に、抗ストレス作用もありますので、梅干しを毎日食しているだけで、ストレスレベルが低くなっていきます。
最近疲れやすいというように、徒労感を感じてしまっている人がいたら、是非、食事で梅干しを毎日食べ続けてみてください。

梅干しというのは、人を疲れにくくさせてくれます。
そのため、とても多くの方にとって、健康的な効能を与えてくれる食べ物とし、好まれています。
毎日の健康管理としても、梅干しを役立てていくといいのではないでしょうか?

レンコンは、それ以外にも特に美容面の中で肌に良いとされています。
レンコンをよく食べる人は、肌が透き通るように白く、とてもきめ細やかな肌になる方が多いです。
美容面に力を入れている女性にとっては、欠かせない食べ物だと言えます。
食事で花粉症対策をしていきながら、美容までできてしまうのは、一石二鳥です。

インターネットの闇金に注意、おすすめは銀行カードローン。

2016.12.13 Tuesday



最近はインターネット上にも闇金が進出しています。
正規の金融機関と違って借入の条件が甘く設定されている場合が多いため、すぐにでも現金が必要な人や総量規制の関係からお金を借りることができない人が利便性から手を出してしまうケースが増えています。
ですが一度でも借入すると、そこから待つのは借金地獄の日々となるので注意が必要です。

ちなみに総量規制が問題となって闇金に手を出そうとしている場合は銀行のカードローンに申し込みすることをおすすめしますが、銀行は総量規制の対象外となっているため、場合によっては年収の3分の1という縛りを受けることなくお金を借りることができます。

ただし、銀行は今でこそ個人向けの少額融資も行うようになっていますが、元々は法人向けがメインで個人向けでも大口融資をメインに行っており、銀行という金融機関の特性から審査は厳しくしないといけないため、総量規制の対象ではなくても借入できる金額の上限は割と低い場合が多くなっています。

闇金は総量規制で借入できない人をターゲットにしていることが多いです。
まとまったお金を借りられない人が利用してしまうことも少なくありません。

銀行のカードローンにこだわりが無いというのであれば、フリーローンというローンがおすすめで、これだとまとまった金額を最初に融資することができる場合があります。
ただし、カードローンやキャッシングのように、申し込みからその日のうちに、すぐにお金が借りられるということはないので注意が必要です。

中学時代の彼氏に、浮気相手に格下げされた経験。

2016.11.16 Wednesday



中学の時付き合った男性と、高校生の時に再び付き合った事があります。
彼は、独特だった。
とってもロマンチストで、行動力もあって、ふんわりした笑顔でカッコよくて、なかなかのナルシスト。
確信とか、絶対的なものがなくて、いつもふわふわしていて、私は常に不安だったことを覚えています。

ある日、「もう一人好きな人がいる。」と言われ、「何?」となって、「向こうはお前の存在は知らない。」と言ってきたのです。
今思えば、私は浮気相手に格下げされたんだと思えるけど、当時の私は恋は盲目状態で、"これは、私なら受け入れてくれると信じて言ってくれてるんだ"と勘違いをしてしまったのです。
彼らしいなと思って、なんとなく付き合いは続いたのだけど、私と会った後に、もう一人の彼女に会いに行ったり、彼女に会った後に私に会いに来たり、さすがに段々耐えられなくなってきました。

そんな中、彼がこんなことを言ってきたのです。
「好きな人ってさ、一人に決める必要ないよね?その時にいとおしいって感じたら、抱くと思う。」と、すごく真面目な顔で。
頭と心がパニックになった私は、その時初めて、もう無理かも…と感じました。

彼は、LOVE&PEACE感ハンパなかったです。
彼に翻弄され、私は疲れはててしまい、男性不信になり、人間って怖いなぁ…て思ったら、何だか人間不信になってしまったのでした。

そこから何年か人との接触を断っていましたが、このまま人を避けて生きるのか?と疑問が湧き、なぜあんな奴のためにこんなに人生無駄に生きてるんだ?と心底思うと焦り初めて、そこから抜け出すため行動するようにしました。

今では結婚もして、2人の可愛い子宝に恵まれ、笑顔を取り戻しました。
あの時私が振り回されたのか、私から振り回されにいってしまったのかわからないけど、あれはあれで、なかなかの経験ができたなって思えます。